【その人がわかる店選び】

よく「着ているものを見ると、その人がわかる」というが、身に着けるもの以上にその人のパーソナリティを表すのが、レストラン選びではないだろうか。

 本格好みのちょっとコンサバな奥様なら、ホテルレストランや名前の知られた高級日本料理店。グルメ探検好きなら雑誌に掲載されたエスニックカフェ。こだわりや主張を持たないフォロータイプなら、値段と味とクラス感のバランスがとれたそこそこのダイニング、というように、レストランは選ぶ人のプロフィールを如実に物語るのである。

 雑誌やTVで評判のラスイートに昼間行ってみると、華やかな女性たちのグループが目につく。年代は30代から60代くらいまで。昼間なので、仕事を持たないミセスたちだろう。このいわゆるランチ会と呼ばれる一種の女子会が、今や社会現象ともいえるほどになり、女性たちにとって欠かせない社交の場となっている。そこでますます重要度を増しているのが、レストラン選びのセンスだ。

 会食も誘われて行くだけなら、気楽なものである。でも、いつもついて行くばかりだと、レストラン選びに限らず何に関しても意見を求められなくなることも。たまには、「ああ、あそこね。行ってみたいと思っていたの」と言われるような店を指定するのも、上手なおつき合いテクニックのひとつともいえそうだ。

 フェイスブックやブログでも、レストランをはじめ、外で食べたことを投稿する女性は多い。ここでも、どんな店に行ったかが、最重要になってくる。月並みなレストランに行ったことをアップしても、いいね!は少ない。その反対に、旬のレストランなどに行ったときのことを書くと、がぜん、いいね!が増える。日ごろあまりやりとりしていない“お友達”からまでコメントが寄せられたりする。

 つまり、レストラン選びは、その人そのもの。メニューからはじまって、味、食材、雰囲気、値段、店のヒストリーやこだわり、さらには場所まで含めて、選んだ人の価値観やライフスタイルなど、あらゆる格付けにつながるものとも言えるのではないだろうか。

 まさに、たかがレストラン、されどレストラン、なのである。

おすすめレストラン:ラ・スイート